中村倫也Company〜「『ルードヴィヒ〜』大きなアクシデントも、ものともせず〜」

〜 接点なきサポーター 〜

 

舞台序盤の時です。

 

ウォルター登場の場面・・・

 

ベートーベンとウォルターがピアノの周りを追いかけっこ、

その後ベートーベンは左足を椅子にぶつけてしまいひざまづきます。

 

ウォルターが、近付き「大丈夫!」と言ったところを捕まえて肩に背負います。

 

そこへマリーが現れ、ベートーベンを叩きます。

 

ベートーベンは回転して転げます。

 

 

あれっ!

 

肌が・・・

 

黒のパンツの、左足の内ももが大きくほつれていました。

 

その後長椅子に座った時、一瞬、ももを見ますが、何事もなかったように

そのまま演じます。

 

かなり激しい動きもあり、

はける場面がないのでそのまましばらく

演じ続けました。

 

その後、一旦はける場面があり

 

バルコニー〜登場!

 

 

えーっ!

 

換えていない!

 

 

ただ、破けた部分の大きさは小さくなっていました。

 

あまり時間がなかったのでしょうから、

全部修復は出来なかったのでしょう。

 

そのまま最後まで・・・・・

 

流石です。

 

プロの舞台役者だと思いました。

 

さて

 

カーテンコール、4度目でしたか。

 

左足のももを押さえながら出てきました。

 

 

「やぶけちゃいましたー!」

という意味だったのですね。

 

 

はじめはハラハラしましたが、

 

動じない、中村さんの様子に

 

ちゃんと、舞台は成立していました。

 

 

大変でしたね。

 

今日は本当にお疲れ様でした。

 

中村倫也#ルードヴィヒ〜