中村倫也Company〜「『ルードヴィヒ〜』上昇中!」

〜 接点なきサポーター 〜

一階 上手 立見席

 

座席にすればQ列位でしたので

近いというわけではありませんでしたが、

 

切れるところもなく舞台全体が観られました。

 

中村さんは、声のカスレは多少あったものの、

 

今日の歌唱は最高に素晴らしかった!と感じました。

 

ベートーベンの苦悩と愛のすれ違いが切なく苦しく、涙が出ました。

 

ベートーベンの体の中の溢れんばかりの音楽も感じ取れました。

 

 

やはり歓喜の歌の場面が美しいです。

 

 

 

今日のアクシデント・・・

 

カールのソナタに、ベートーベンが手を加える場面で盆の上を歩きながら手振り台詞・・のはずが、上手の机のところに来て引き出しを開けペンを取り出しました。

 

〜ピアノの上にペンがなかったのでしょうか。

 

また盆の上を歩き四つん這いになって書く〜。と普通通りに戻りました。

 

*このペンですが、後の場面で

 

マリーに住所を書いて貰うときにも使います。

 

 

さり気なく、

舞台上でのトラブルや不具合を解消しながら、

演技を続ける中村さんは

 

本当にすごい人だと思いました。

 

 

*カテコで総立ちになるとよく見えなかったのですが、笑い声が聞こえました。

 

中村さんと福士さんがじゃれていたのでしょうか。

 

その後4回目福祉さんが中村さんを追い立てるように出てきたのかな?

 

中村さんの靴が何かおかしくなった?

 

足を上げ靴の底を何度も見てました。

 

福士さんがごめんというように手を合わせてましたよ。

 

すみません。よく見えませんでした。

 

今日の『ルードヴィヒ〜』最高でした。

 

 

中村倫也#ルードヴィヒ〜