中村倫也company~「『ルードヴィヒ~』吾輩は福士誠治である。」

~ 接点なきサポーター ~

 

 

ラジオで語る『ルードヴィヒ~』第一弾

 

 

去年オファーをいただいて、面白いものになると予感・・・

 

 

全公演完走ということで、ラジオで乾杯!!!

 

 

ルードヴィヒの時は、のどのことを考えてほとんど飲まなかったようです。

 

 

河原さん初めてでしたが大好きな方です。

 

 

隅から隅まで美しく演出して頂いて~

 

 

倫也はど真ん中を演じていて・・・・

 

 

青年、中年を倫也が・・・

 

 

日本と韓国では配役が違っていた・・・

 

 

全体を通して、人数が少ないなか、素晴らしい演出をしてくださって~

 

 

熱い想いとポップな感じもあり、頂点にたつ

 

 

 

河原さん思うところと、倫也の思うところが一致していて・・・

 

共通言語は河原さんと倫也が通じていて・・・・

 

 

初めましてだったので、細かく言ってくださいと河原さんに言った・・・

 

 

倫也は、素晴らしいです。

 

 

お互いの距離感が温かい・・・

 

 

違和感は一ミリもない・・・

 

倫也は

怒ったり、イライラしたりが」全くない。

 

倫也は

みんなを尊重しつつ、どんな感じでも返すぞという感じ・・・

 

 

大変だったけど楽しかったですね。

 

 

 

おじいちゃんルードヴィヒは、最初ほうなんですね。

倫也が出るまで・・・

 

ストーリーテラーの役割・・・・

 

とっても難しいんですね。

 

 

 

説明台詞と会話の台詞では、説明台詞が難しい・・・

 

 

今回は稽古が始まる前に1冊丸々ざっくり覚えていた。

 

 

覚えてないと間に合わないかなと思ったからなんですけどね。

 

 

 

ストーリーテラーとして、お客さん言うとゆうのもありますが、

 

 

マリーに語り掛ける・・・壮年ルードヴィヒはマリーと対面している場面がない。

 

 

シンクロ~

 

 

二重構造~

 

 

巧みな演出でしょ。河原さん。

 

 

 

子供が出てくると、途端におとうさんになるんですよ。

 

 

ストーリーテラーからいきなりストーリーの真中へ・・・

 

 

そしてすぐに壮年ルードヴィヒ、ストーリーテラー

 

 

 

今度は、子供とお父さんが入れ替わる~

 

 

スゲ~怒っている子供って怖くない?

 

 

 

やっと、倫也がやって来る。

 

 

 

 

開始15分

 

 

 

今度は貴族としてやってくる。

 

 

ハイテンション貴族

 

10秒で着替えてやってくる。

 

 

ちょっと捌けてまたすぐに、出てくる。

 

 

ジェットコースターのように、

 

 

のどに負担がかかる演じ分け・・

 

 

開始15分~20分

 

のジェットコースター~

 

 

 

 

テーブルクロス引きが中々滑ったりして難しい~

 

いつも同じように子供に渡すようにしていた。

 

 

貴族が捌けるとき

劇場の大きさによって、1歩2歩が違う・・・

 

 

頭は全部地毛でした。

 

 

・・・ラジオを聴きながら書きました。