中村倫也Company〜「『ルートヴィヒ〜』思いを馳せながら、勝手に解説①」

〜 接点なきサポーター 〜

 

『ルートヴィヒ〜』が始まる時間になると、なんとも落ち着かないので

 

写真集を開きました。

 

 

写真集の後半・・場面毎に時間軸でめくります。

(ネタバレですので、知りたくない方は読まないでください。)

 

1枚目の写真

修道院に一人の青年が入って来てピアノをポロン♬とひきます。

 

そこへ、修道女ドミニカ(マリー)が入って来ます。

 

 

2枚めの写真

 

青年は、ベートーベンからの手紙を、修道女ドミニカ(マリー)に渡します。

 

 

*ここに舞台全景の写真

 

 

 

3枚目の写真

 

修道女ドミニカ(マリー)は嬉しそうに手紙を読み始めます。

 

 

 

4枚目の写真

 

壮年ベートーベンが登場します。

 

手紙の内容を引き継ぎます。

 

 

5枚目の写真

 

少年期のベートーベンが登場します。

少年の頃の父親からの厳しい指導をうけていたベートーベン。

 

 

6枚目の写真

 

少年期の様子を二人(少年ベートーベン・壮年ベートーベン(&父親))

 

♬ピアノに殴られ〜ピアノに抱かれ〜♬

 

で歌い上げます。

 

 

7枚目の写真

 

(演出家の妙)

ここで、子役が父親に〜 福士誠治さんが少年のベートーベンに〜

父親(子役)は

ゴミだ!ゴミだ!ゴミだ!とベートーベンをなじります。

 

 

 

8枚目の写真

 

どんなに父親に厳しく指導されようと、ベートーベンは音楽を嫌いにならなかったことを、少年ベートーベンと壮年ベートーベンが歌い上げます。

 

 

9枚目の写真

父親の厳しい指導〜

モーツァルトを超えろ!

良くも悪くもモーツァルトに翻弄されていきます。

 

モーツァルトモーツァルトモーツァルト

 

バルコニーに青年ベートーベン(中村倫也)登場します。

 

 

10枚目の写真

 

飼育・・・飼育・・・

 

父親から飼育されていた。

 

 

11枚目の写真

 

飼育されていた少年期のベートーベンを、青年ベートーベンは優しく抱きしめます。

 

 

12枚めの写真

 

青年ベートーベンはひたすら作曲を続けます。

 

そして〜ウイーンに・・・

 

 

 

今回は、ここまでにします。

 

 

舞台は、

丁度、茶色のベストでバルコニーから二度目の登場したところでしょうか。

 

ここから一気に後半へ〜