中村倫也Company〜「『ルートヴィヒ〜』写真集・勝手に解説④」

〜 接点なきサポーター 〜

 

 

 

 

36枚目の写真

 

カールの気持ちをよそに・・・

久しぶりに訪ねてきたマリーに、

 

「そうだ、この子のピアノを聞いてくれ。」

 

と、ベートーベンは嬉そうに自慢げに言います。

 

 

 

37枚目の写真

マリーとの再開を祝って、ワインで乾杯し、

 

これまでのマリーの話を聞きます。

 

「その服はなんだ?・・・流行っているのか?」

「これは、鎧です。」

 

女では通用しないことも、鎧を着ることで、否定が肯定に・・・

 

と、

これまでのことを歌で綴ります。

 

 

 

 

38枚目の写真

 

 

カール

「あなたは、私を憎んでいる。」

 

ベートーベン

「なんだってー!」

 

カールはベートーベンに縛られてきたこれまでの人生を、歌と語りで爆発させます。

 

♬ピアノに殴られ〜母と引き裂かれ〜♬

 

 

 

 

 

39枚目の写真

 

マリーは、「長居をしすぎました。」

 

と、ピアノの上のバックを持ちます。

 

カール

「待って下さい。マリーさん聞いて下さい。」

 

演奏会のチラシを手に取り、

 

「僕に黙って、勝手に演奏会まで決めてきた。」(そんなニュアンスの台詞)

 

 

マリーは2人のそれぞれの気持ちがわかるだけ、心に苦しくのしかかるようす。

 

 

 

 

40枚目の写真

 

「あなたは、僕の話をきかないのは、耳が聴こえないからじゃない。聞こうとしないからだ。」

 

♬愛〜 愛〜 愛〜♬

 

 

 

41枚目の写真

 

「お前は、私だー!あの頃の私は今のお前だー」(そのようなニュアンスの台詞)

 

 

ベートーベンは必死に、カールを愛していること、今の自分にはお前しかいないと訴えます。

 

しかし、壊れかかったカールの心には届きません。

 

 

 

42枚めの写真

 

「お前は、あの日の私を超える!」

 

 

 

 

43枚目の写真

 

「か・ん・き」

 

歓喜の歌』の生まれた瞬間

 

ピアノの上で両手を広げ天井から大量のバラの花弁が舞います。(回転しています)

 

 

階段のようなピアノのセットが大きな音と共にくずれます。

 

 

 

 

*書いていると、舞台が蘇り、辛くなりました。

涙も溢れ出てきます。・・・この辺で、また後ほどにします。