中村倫也Company〜「『ルードヴィヒ〜』12:00目指し〜」

〜 接点なきサポーター 〜

 

本日は、チケットが舞い込んだので、行列には並ばないのですが、立見席常連となってしまった習慣で、12:00目指して電車に乗り込みました。

 

12:00から番号が呼ばれるのですが、大概数分遅れて始まります。

もし、12:00に遅れてしまいもう自分の番号が呼ばれてしまっていても、スタッフの方に声がけすれば、番号のところに誘導してくださいます。

 

さて〜

 

立見席とは、どんなものか〜

 

今回の私の一番良かった席は、トプコ枠での10列目センターでした。

 

かなり近い感覚で、満足できますが

 

前の前の席にドデカイ男性!

 

これは観えません。

 

特にセンターでの見せ場が多くありますので、

 

こっちの脇から、あっちの脇からと首を左右に振ることになる場合も・・・。

 

 

前方の席は、9列目位まで平らですから

 

前にどんな方が座るかで観え方が変わりますね。

 

10列目位からの傾斜になっているので、後方のほうがその点は、影響受けにくいでしょう。

 

 

そうそう、今回の福士さんの登場は、客席からです。

 

上手中間の通路(おそらく10列目と11列目の間)から入って来て真ん中の通路を通ってステージへ・・

 

ですから上手側の11列目の方々と1〜10列目の中央通路側の方々は、間近で福士さんを観られますね。

 

 

中村さんは、始めからは登場しません。

 

舞台上バルコニー中央の裏階段を駆け上がって、突然登場する感じです。

 

 

その登場シーンには、鳥肌が立ちました。

 

 

『ブラボ〜!ベートーベン!』

 

という感じでしょうか。

 

 

それではここまでで〜。

 

もうすぐ池袋に着きます。

 

 

それでは後ほど・・。

 

当日券行列のレポートをさせて頂きます。

 

 

立見席の観え方は後ほど。

中村倫也#ルードヴィヒ〜