中村倫也company〜

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20200706201933p:plain
「水曜日が消えた」には

中毒性がある!・・件の検証


・・・・・・・・・・・・・・

もう一度見たくなる!


私だけ??と思っていたら、

いろんなところで、

何度も見ている人達が・・


何故そう思ってしまうのか?

中毒性があるのは、

ファンだけなのだろうか??


独断と偏見で

検証してみる!!


(この画像のジーンズは月曜日のジーンズかな!)

f:id:airaingood:20200706202042p:plain

①主役とはいえ、

あり得ないくらい

始めから終わりまで

ほとんど画面に出ている。



出ていないシーンは全て?おそらく30秒以内くらいのシーン。

○図書館で、一ノ瀬が瑞野と話す火曜日を見ているシーン。

○一ノ瀬が、夜中らしいこと・・
一人帰るシーン
f:id:airaingood:20200706202304p:plain

○アラキ先生が、データを抜き取るシーン

○アラキ先生が頭の画像を見ているシーン


それくらいでしょうか。

つまり98%は倫也くん出てますね。

f:id:airaingood:20200706202502p:plain

②夢の中の

交通事故シーンから

始まるが映像がきれい!


嫌な印象にはならず

しかも、

虹の七色のイメージの

カラーを植え付けられてしまう。

パステルカラー・・



③7人の僕が使う、

タオル類や歯磨きコップ、

マグカップの色彩が

夢の事故シーンの

パステルカラーからつながって、

爽やかな感じにさせる。



④映像がキレイなため、

暗い気持ちにならない。



⑤説明セリフが少ないため、

内容を把握しきれない。


セリフの不足分は、

映像でわかるように、

映像よる説明がされているが、



耳から入る情報は

ほとんど拾うことが出来ても、

映像は、

その人によって

見ているところに

誤差があるため、

100%把握するのは

難しいかもしれない。



⑥倫也くんの

七変化が一本の映画で、

見ることが出来る贅沢。

f:id:airaingood:20200706202126p:plain

⑦CGシーンでの、スマホとの

掛け合いがかなり面白い!

始めは自分であって

自分ではない、

初めてあった人格に、

戸惑う火曜日と、

肝の座った月曜日の

ギャップがたまらない。

実際に接触していないのに、

洋服で腕を縛られたり、

工事現場のホースで

ぐるぐる巻にされたり、

対面してないのに戦っている

不思議な感覚がたまらない!

このようなシーンを

何度もつなげて、

最終的に仲間に・・

やれば・・できる・・


⑧最後に誰が残ったのか??

始め見逃してしまう!



これも、しっかりと映像や、

安藤先生のセリフで

答えているが・・

わかりにくい。


⑨図書館で、

瑞野に雪の結晶の切り抜きを

返すシーンで、

火曜日が涙ぐむ・・

これが次のシーンにつながる。

たまらないですね。


・・・・・・・・・・・・

ダラダラと書いてしまったような

まとめると


○映像の美しさ

○説明セリフが少ないため、

把握しきれず

気になりもう一度!!

見たくなる。


○なんと言っても98%

倫也くんが出ている贅沢。


○7変化を一本で見られる贅沢

○上品な映画
映像、色彩、細やかな心情、

劇中のクラッシック。


最後の「AIba」もとても気持ちを、明るくしてくれる。


○月曜日の演奏シーンも最高