中村倫也Company〜「『ルートヴィヒ〜』インタビューから」

〜 接点なきサポーター 〜

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

glitter-official.com

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*記事から抜粋引用しました。

そうです。身一つで、何時でもどんな場所でもどんな環境でも誰の前でも、やるべきことをやれるのが
プロだと思っているので。そこを目指して、若手時代から舞台をやってきましたね。だから、
一時期流行ったモーニングルーティンを聞かれても、『何もありません』としか言えなくて。
そういうところが、インタビュアー泣かせなんですけどね(笑)
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
実は昨日の夜
書きたかったことって、こういうことなのかと思いました。
 
語彙力がなく、上手く伝わるのか分かりませんが、舞台上で観た役者の覚悟というか、
 
何があっても、どんなことにでも対応する力の凄さというかプロ魂というかそんなものなのでしょうか。