中村倫也Company〜「『狐晴明九尾狩』あのときの連携プレイ」

〜接点なきサポーター 〜

『狐晴明九尾狩』 

SHOW MUST GOON

が、実際に証明された日

昨年の緊急事態宣言発令時・・・

『美食探偵明智五郎』の撮影がストップ。

最後の位置場面を、

暗幕の前で見事に成立させた、

舞台人の魂!でした。



「どんなハプニング、どんな取り違いがあっても、いかに板の上にいるキャラクターというか人間がキャラクターとして存在できるか?!・・出来ちゃえば結構バレないですよね。お客さんに〜。」


と、倫也さんは仰っていました。






いかに板の上にいる人間がキャラクターとして存在出来るか!


が証明された回。

実際には私はその回は観劇しておりませんでした。

色々と投稿されているツイートを読むと〜

戯曲本 第十景ではないかと思われます。


・・・後半の山場

激しい殺陣の場面

晴明さんが剣を客席の方に落としてしまいます。



一瞬、顔を顰めるも〜

何も動じず・・・

手を伸ばし剣のようにして、殺陣を続けながら、床に落ちていたランフーリンの剣を持ちその後も流れるように殺陣を続けた。

・・一方、その間に上手の花道側から

素早く舞台下に降り、剣を拾う渦雅さん。





晴明さんに、剣をすっと差し出す渦雅さん


晴明さん、渦雅さんを横目で見てニヤリ!



晴明さん

手に持っていたランフーリンの剣をポンと前に投げ〜

渦雅さんから剣をしっかり受け取る。


この連携こそが!プロなのだと〜。


その後も、何事も無かった様に

舞台は進行していったと言うことです。




・・・・・

どんな ハプニング

どんな取り違えが


あっても、いかに板の上ににいる

人間がキャラクターとして

存在できるか!

出来ちゃえば、

結構バレないんですよね。

お客さんに!



・・・・・・・・・・


こんな大きなアクシデントがあっても

止まらずに、舞台は進行していったのは


素晴らしいことだと思いました。



*その日のカテコで

晴明さんは、

渦雅さんに深くお辞儀していたそうです。




中村倫也#狐晴明九尾狩#晴明&渦雅