中村倫也Company「『狐晴明九尾狩』マダム ヴァイオラの観劇✚α日記を読んで〜」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20211023111826j:plain
『狐晴明九尾狩』を感激して感じたことが、見事に文章で表現されていて、感動してしまいました。
こぐれさんに感動して〜ここでまた、
マダムヴァイオラさんに感動しております。

本当に有難うございます。



f:id:airaingood:20211023110851p:plain
f:id:airaingood:20211023110907p:plain


*以下はブログを一部抜粋引用しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まあ、本当に、うっとりだったよ。何回か着替えてたけど、基本は紫を基調とした公家風の着物姿。光沢のある紫の衣装がよく似合って、舞台の真ん中に立つと、それだけで光を放つ。呪文を唱える時には、眼が文字通りキラキラと輝き、その眼力に劇場中が魔法がかかったように骨抜きに・・・。公家姿のまま、両手に刀を持っての殺陣もあり、長い袖がひらりひらりと揺れて、激しい殺陣も舞のようなの。美しい!(実際は、袖を絡まないように勢いをつけながら回っての殺陣、相当な激しさに違いない。)
 派手な変化(へんげ)を繰り返す悪役の利風に比べ、晴明は変化に乏しい。正義と優しさに満ちていて、揺らぐことがない。そういう役は実はとても難しいし、力量がいるんだよ。これ、中村倫也じゃなかったら、かなり退屈な主役になりかねなかった。
 中村倫也の晴明は、「人間と狐から生まれた」と噂されるような、すこ〜し人間離れした感じがちゃんと備わっていた。いつも地面から数センチ浮き上がっているような、ふわふわした、捉えどころのない感じがあり、凄く自我の薄い人だった。利他主義を絵に描いたような人物として造形してた。怒りも憤りも戦いも愛も、全て自分のためではなくて、身体すら自分のものではないような感じ。目がいつも遠くを見ていて、光が宿ってる。そういう晴明として、片時も揺らがずに舞台にいた。
 映像でも魅力的な彼だけど、今回は舞台でしか見られない魅力を見せてくれていたよ〜。素敵な役者だわ〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*詳しくはコチラからどうぞ〜


http://madam-viola.tea-nifty.com/blog/2021/10/post-2cf85d.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・

中村倫也中村倫也狐晴明九尾狩#中村倫也