中村倫也Company「『狐晴明九尾狩』ラスト・・晴明の表情。」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20211023120302p:plain

『狐晴明九尾狩』第十景


パイフーシェン(利風)を倒し

無表情の晴明・・・


そしてラストへ



晴明

喜怒哀楽。僕の分まであなた方が泣いて笑って悲しんで喜んでください。僕はそれを見る。精一杯生きるあなた方を見ることで、僕も人である自分を保ち続ける。それが僕の護ったものですから。
(戯曲本から引用しました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・



これって。


マダム ヴァイオラさんが書いていらっしゃることですね。

ラストの場面が、ストン!と腑に落ちました。




だから、自他主義の晴明は、

どんな理由であれ利風を殺して

(実際にはすでに利風は殺されてしはいされているのだが、印は生きていた。)

しまったことに耐えきれず自分の

喜怒哀楽を自分で消してしまったの

かもしれません。



*マダム ヴァイオラさんのブログを抜粋引用しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
中村倫也の晴明は、「人間と狐から生まれた」と噂されるような、すこ〜し人間離れした感じがちゃんと備わっていた。いつも地面から数センチ浮き上がっているような、ふわふわした、捉えどころのない感じがあり、凄く自我の薄い人だった。利他主義を絵に描いたような人物として造形してた。怒りも憤りも戦いも愛も、全て自分のためではなくて、身体すら自分のものではないような感じ。目がいつも遠くを見ていて、光が宿ってる。そういう晴明として、片時も揺らがずに舞台にいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・


中村倫也中村倫也狐晴明九尾狩#中村倫也