中村倫也Company「『狐晴明九尾狩』終演〜お疲れさまでした。」

〜接点なきサポーター 〜


f:id:airaingood:20211012172937p:plain

今日は雨模様〜急に涼しくなりました。

『狐晴明九尾狩』の舞台は

夏のような暑さ〜秋の陽気〜冬の始まり

と3シーズンを駆け抜けるのですね。


今日も無事に終演おめでとうございます。



明日は鬼の2回公演ですね。

しかも2回目が21:00終演


その夜公演に行きます。





・・・・・・・・・


いつも関心するのが

舞台の場面セッティング・・カラクリ?!


ときには手品のように〜入れ替わる



〇タオフーリンが式神と入れ替わる場面



〇晴明が、式神と入れ替わり切られる場面。


〇利風が階段で倒れ、ラスボスに変わる場面。



からくりがわかると〜


なるほど、こんなふうにしていたんだ。

と関心しました。

まるでマジックショーのようですね。



・・・・・・・・・・・・・

○赤白の塀

戸を開くと中は廊、晴明が捉えられている。




○前の場面から自然に場面を変えながら、

都の町の様子・・賑やかさを表現する手法


○内裏・・

利風・・九尾の狐の邪悪さを表す、床のマッピング



板の上で、繰り広げられる

様々な場面は、舞台の凄さと面白さ

・・・舞台って、本当に面白い!

と思えてきました。



・・・・・・・


昨年、『美食探偵明智五郎』のとき


途中で、撮影が出来なくなり

ラスト・・

暗幕の前で


二人の芝居・・・・舞台のようでした。


あのとき、


倫也さんは

「役者が凛としていれば、芝居は成り立つ」??

みたいな事でしたっけ!?


要は、セットが無くても、役者次第で何とでもなる。成り立たせることが出来る〜みたいな事だと思います。


舞台を何度も経験している役者さんだから、あんな提案が出来たのですね。


あれは名場面でした。

中村倫也中村倫也狐晴明九尾狩#中村倫也