中村倫也Company「晴明のちょっとした仕草・・ここが良い。」

〜接点なきサポーター 〜


『狐晴明九尾狩』


東京公演、本日も含めて残すところ


7公演ですね。


今日も皆さん、コロナ、怪我のないように!!


・・・・・




今回は



晴明の、メインでは無いけど


良い!!と思う仕草を・・・・


・・・・・・・・・・


舞台の後方に立って、殺陣を見ているのですが、

その時に〜

右手を左頬のあたりにかざし、

殺陣を避けるような感じで

立っている姿が

たまらなくセクシーなのです。


その仕草は、

いかにも妖艶な晴明の

イメージぴったりなのです。


恐らくその時に〜扇子を持っていれば

半開きにして顔を隠すのでしょう。


この場面のメインは舞台上の殺陣です。

f:id:airaingood:20211013110901p:plain


f:id:airaingood:20211013110822p:plain

f:id:airaingood:20211013110835p:plain

f:id:airaingood:20211013110849p:plain

f:id:airaingood:20211013110932p:plain

f:id:airaingood:20211013110946p:plain

小さくて分かりにくいですが〜この場面です。


・・・・・・・・・・・・・・・


もう一つ、これはどんな時でも、

常時やっている仕草なのですが〜

服装や髪の毛の乱れなどを常に整える〜

倫也さんの性格が出ていますね。



例えば良くやるのが、

○瓶毛をしごく

晴明は、長い髪の毛を後ろで一つに纏めていますが、瓶毛は長くたれています。

それが時には口に入ったり、顔に張り付いたりするのでしょう。

それを演技の中で普通にしごいて直していますね。


皆さんも何度も目撃していることでしょう。





○衣を直す


陰陽師の衣装は、前がひっくり返ったり

股の間に入ったりなど・・・

それを台詞を言いながらなるべく整えています。



両袖のさばきは、所作の指導にもあるのでしょうから、他の役者さんも当然所作として行いますが、その他の乱れなどはそこまで気にする人は少ないのでは〜と思います。

晴明のみならず、倫也さんの芝居での所作の美しいのは有名ですが、


さり気なく
やはり乱れを直す。


f:id:airaingood:20211013113104p:plain


f:id:airaingood:20211013113222j:plain


f:id:airaingood:20211013113240j:plain

指の先足の先まで、神経が行き届いていると言うところでしょうか。



余談になりますが、


『水曜日が消えた』

夜中、一ノ瀬と映画を見る場面

椅子を倒して、頭を乗せ

自然に寝てしまうシーン。


まるでスヤスヤと気持ち良さそうなのですが、とても体制が悪くきつかったようです。

気持ちよさそうに見えるという事は神経を隅々まで集中させ、リラックスモードの表情を作っているわけですね。


それはまるで、音を立てずに優雅に踊るバレリーナのようです。

優雅であれば有るほど神経を末端まで研ぎ澄ますと言う〜

バレリーナのそれに似ています。



脱線しましたが、

ちょっとした仕草の一つ一つの美しさ

や気の使い方が素晴らしい役者の

明かしだと思いました。




*そもそもの立ち姿が美しい!!!!

中村倫也中村倫也狐晴明九尾狩#中村倫也