中村倫也Company「[作]中島かずき[演出]いのうえひでのり」

〜接点なきサポーター 〜


f:id:airaingood:20211017101743j:plain


『狐晴明九尾狩』戯曲本


ここ一ヶ月、


この本が愛読書になっています。



安倍晴明は当て書きと仰っていましたが、


中村倫也さんの事を本当に

分かっていなければ、

この当て書は成立しないでしょう。




元方院
「・・・・こう、ほにゃらあっとしてすとんとした顔に腹が立つのじゃ」





(倫也)晴明をこの一つのフレーズで





なんと上手く表現されていることか〜


中島かずきさん作だからこそ


あそこまで、

倫也さんが生きた晴明になったのでしょう。



今回の『狐晴明九尾狩』を通して


素晴らしい出会いと言うものは!

偶然訪れるものではないと

おもいました。




中村倫也さんの仕事を若い頃から

観ていて・・・だからこそ〜

中島さんは当て書きができたのでしょうし〜


また、倫也さんは


芝居を自分の生涯の仕事と決めたときから


どんな時でも、

真剣に、楽しんで、ストイックに

取り組んできたからなのだと

思えるのです。






当て書きとは、


なんて


心地の良い響きなのでしょう。



中村倫也中村倫也狐晴明九尾狩#中村倫也