中村倫也company〜「喫茶桜丘を読んで〜」

〜接点なきサポーター 〜


「喫茶 桜丘」を読みました。

中村倫也さんは

今まで一番難しかった役として

「俺は、君のためにこそ死にゆく」

河合惣一役

だったという事でした。
f:id:airaingood:20210518114515p:plain


主役の岸さんとの場面〜倫也さんは


岸さんの目を見たらすごい〜気持ちから引っ張られて・・





この場面のことを後に

あさイチ」でしたか〜?。

岸さんの目をみた瞬間から記憶がない

・・みたいなことを仰ってました。

f:id:airaingood:20210518113256p:plain
f:id:airaingood:20210518113312p:plain


圧巻の場面でした。

あのときの、惣ちゃんの顔は

私の中にしっかり残っています。


・・・ホタルになって帰ってくる

河合の惣ちゃん〜


河合惣一は、動物好きで絵が上手い笑顔のかわいい少年でした。

f:id:airaingood:20210518113353p:plain

・・・・・・

(喫茶桜丘〜)
それを19歳の時に経験して

自分もこういう先輩になんなきゃと

思うような経験だったかも・・

だから今、主演をやらせてもらっても

脇とかで出てくれる方のことを

くまなく拾えるようにいたいなと

思っては居るんだけど中々難しいよね。


・・・・・・・・・・・・・・

そして「珈琲いかがでしょう」で

坊っちゃん役の

宮世さんはこんなことを仰っています。
f:id:airaingood:20210518113643j:plain

記事引用です。

「中村さんは『これ琉弥だったらどうする?』みたいに聞いてきてくださって、『僕だったらこうします』(宮世)『じゃあそれにしたらいいじゃん。俺はそれに合わせるよ』(中村)みたいなことも言ってくださるので、すごく楽しかったですね。」


中村倫也#珈琲いかがでしょう#中村倫也