中村倫也company〜「今とても心地いい」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210331124445p:plain

最新記事です。以下は記事引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・

マイナビニュース
中村倫也「今とても心地いい」 ブレイク後の変化の中でたどり着いた自然体
インタビュー


2021/03/31 12:08

著者:酒井青子

f:id:airaingood:20210331124505p:plain

目次
1
等身大の自分を受け入れて開けた俳優としてのキャリア
■理想と現実とのギャップにもがいていた下積み時代
■『半分、青い。』でのブレイクは「何かが積み上がった結果」
2
俳優業は「とても豊かな仕事」 役作りの変化も明かす
■人間の複雑さを知り「キャラクターを決めつけないように」
■平常心をモットーにマイペースなふりをしていたことも
目次を開く
数々のドラマや映画で魅力的なキャラクターを生み出し、ファンの心をつかんでいる俳優の中村倫也(34)。昨年10月期に放送された『この恋あたためますか』(TBS)のイケメン社長役も注目を集め、4月5日からは原作のキャラクターに似ていると話題の主演ドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京)がスタートする。

勢いが止まらない中村だが、ブレイクまでには長い下積み時代があった。3月18日に発売された初のエッセイ集『THE やんごとなき雑談』で、理想と現実のギャップにもがいていた当時の心境を明かしている。中村にインタビューし、等身大の自分を受け入れてから開けた俳優としてのキャリアや、経験を重ねるにつれて変わっていった役作りについて、また、「今とても心地いい」と言える自然体にどのようにたどり着いたのか、話を聞いた。

f:id:airaingood:20210331124550p:plain

■理想と現実とのギャップにもがいていた下積み時代
『THE やんごとなき雑談』は、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2年間にわたり連載されたエッセイに書き下ろしを加えたもの。中村は、完成した1冊を読み返して「くだらないことをぐだぐだ考えているなと。エッセイって、出会った人との楽しかった思い出や面白い事件がメインな気がしていましたが、僕は違いましたね。自分が悩んだり考えたりしたことをたくさん書いている。それが自分という生き物だと知りました」と、自分がどういう人間か改めて気づいたという。

普段の生活の中で自分のことを深く掘り下げる機会はあまりないかと思ったが、中村は昔から“考える人”だったという。「考えるのが癖になっていて、心の中で自問自答しています。そういう性格なんです。ただ、自分の中だけで完結している感覚でよかったものを言語化する作業だったので、それは初めての経験でした」

f:id:airaingood:20210331124604p:plain
エッセイでは、理想と現実とのギャップにもがいていた20代前半のこともつづられている。等身大の自分を受け入れられるようになったきっかけを尋ねると、「仕事がなかったからです」と即答。「うだうだ言っているけど、仕事がないという現実が否応なくあった。見て見ぬふりしていましたが、そろそろちゃんと見ようという時期があり、見つめ直しました」と振り返る。

続けて、「その現実と向き合ってから変わっていきました」と言い、「自分に対してわだかまりがない心持ちでいられると、自分の外の世界、人にも、物事にも、無駄なわだかまりがなくなっていく。そして、“人は鏡”と言いますが、周囲からも自分に対してわだかまりが少なくなっていくのはすごく感じました」と説明。「だから、いろんなことが自分次第なところが多いのかなと思うようになりました」と語る。
f:id:airaingood:20210331124629p:plain

■『半分、青い。』でのブレイクは「何かが積み上がった結果」
自分が変わることで周囲から受け入れられるようになり、俳優としての道も開けていった。数々のドラマや映画、舞台に出演し、そして、31歳のときに朝ドラ『半分、青い。』の“マアくん”こと浅井正人役でブレイク。その後、『初めて恋をした日に読む話』、『凪のお暇』、『美食探偵 明智五郎』、『この恋あたためますか』など、どの作品も話題に。勢いが止まらないが、やはり『半分、青い。』出演による変化は「大きかった」と中村自身も実感している。

ただ、「後輩などに聞かれたら教えたいと思うのは、『半分、青い。』の半年前に、布石になるような何かがあり、さらにその半年前に何かあって。たぶん1年半くらいかかる。それは業界内のことだと思いますが、降って湧いた幸運なわけではなく、何かが積み上がった結果、ブレイクと呼ばれるものになっている」と冷静に分析。「売れたいと言っている人がいたら、最初から世間を見るのではなく、業界内で期待してもらえるような人間になることが大事だと伝えたい」と語る。

ちなみに、中村自身が俳優人生において大きかったと感じている作品は、2009年に出演した真心一座 身も心もの公演『流れ姉妹 たつことかつこ ~獣たちの夜~』とのこと。「僕にとっては革新的な出合いでした。この作品に出演したことで、のちに『ロッキーホラーショー』や、シス・カンパニーの舞台に呼んでいただいたり、そこで知り合った方たちの背中を見て成長してきたところもあり、自分の中で転機となった作品です」と明かす。
f:id:airaingood:20210331124959p:plain

動画
https://youtu.be/oJEitG50cqI

f:id:airaingood:20210331125013p:plain
f:id:airaingood:20210331125026p:plain
中村倫也
1986年12月24日生まれ、東京都出身。2005年、俳優デビュー。2014年、初主演舞台『ヒストリーボーイズ』で第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。2019年にはエランドール賞新人賞を受賞。近年の出演作は、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』、『凪のお暇』(19)、『美食探偵 明智五郎』、『この恋あたためますか』(20)、映画『台風家族』、『屍人荘の殺人』(19)、『水曜日が消えた』、『人数の町』、『サイレント・トーキョー』(20)、『ファーストラヴ』『騙し絵の牙』(21)など。4月5日から主演ドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京)がスタート。5月28日公開予定の映画『100日間生きたワニ」に声優として出演。また、3月18日に初のエッセイ集『THE やんごとなき雑談』を発売した。

      • ・・・・・・・・・・・・・・・・-

田幸和歌子さんのコメント】中村倫也さんがご自身のことを表現された”考える人”という言葉に、ブレイクの最大の理由がある気がします。 ブレイクのきっかけはNHK連続テレビ...
#Yahooニュースのコメント
https://news.yahoo.co.jp/profile/commentator/takowakako/comments/16171718334312.223e.24406/
中村倫也中村倫也中村倫也