中村倫也company〜「何故、迦葉に言わせたの?」

〜接点なきサポーター 〜

ネタバレがありますので注意してください。f:id:airaingood:20210213132956p:plain
f:id:airaingood:20210213132940p:plain
「ファーストラヴ」

は、原本があって〜

さらに、NHKで2時間ドラマて昨年やっていて〜

それを踏まえて・・・

TVドラマと映画の切り取り方の

違いだったり、場面の掘り下げ方の

違いだったりがもちろんある中で


最後の方の場面で、

由紀と迦葉が10年前(大学時代のこと)

を語るシーン〜。




何故あのとき上手く出来なかったのか〜


の答えが語られる会話の中で〜


原本や、ドラマでは

由紀が答えを導き出し、

その言葉で迦葉が自分の

しまい込んでいた

心の奥底(母親に対するトラウマ)

を知り、

こんな話になるとは思わなかった。

と言いさらに有難う!

と由紀に告げるのです。



が、




映画では、迦葉が

自分で導き出すのです。




何故、映画では


迦葉にそのセリフを言わせたのか?

が疑問でした。



監督は、もしかして


中村倫也さんの迦葉は

原本の迦葉よりももっと

成熟していると感じたのでしょうか。







だから、由紀のことも見守ってあげる

懐の深さもあるのでしょうね。

映画の中で、

迦葉が、由紀が傷つかないように

見守って上げたいけど、

傷つけてしまう・・・


その辛さが、

表現として非常にせつなかったですね。



中村倫也中村倫也中村倫也