中村倫也company~「7月期~TBSドラマが情報解禁を受けて~」

~接点なきサポーター ~

連ドラが決まって、

今年も地上波ドラマに主演ができて良かった・・と安堵の気持ち。

と同時に不安な気持ちも~

「倫也ファン」さんの気持ちも分かります。


そもそも、




何故中村さんのファンになったのか・・を辿ってみると~


一昨年・・自粛生活の最中


半分、青い。』を観てからでした。


多くの方が沼に落ちたという、

あのマー君の魅力に・・・

私の場合、中村さんの演技力に引き込まれたのだと思います。

それから過去作品を片っ端から

ものすごいスピードで観て、観て、

さらにCM、

さらに中村さんに関する記事、

とにかく情報収集しました。



それまでは、アメリカや、

イギリスのホームドラマ

海外映画が中心で、

国内ドラマや映画には全く

興味がありませんでした。


・・・以前はドラマや映画は娯楽だったはずなのに、




中村さんのファンになってから

こんなにビクビクしながら

観るようになっている自分に驚いています。


評判や視聴率、配信再生回数、

気にし出したら、ドラマのシーズン中

ハラハラドキドキ~

リラックスなんか出来ません。

本来
中村さんの

ドラマや映画は楽しく、観るべきだし

それが私の糧になると考えています。


私は彼の役者としての才能

エンターテイメントが観たいと思っています。

それでいい!と考えることにします。


中村さんが全精力で頑張ってやってくれているのですから、思いっきり受け止めて、思いっきり満喫します。


・・

原作、演出、プロデュース、

それがあって、


役者は、指示に基づいて演じる訳ですから


役者は、役の中で広げる~


そこを私は観ようと思います。
  

評価なんてものは、

時が過ぎれば変わるものだし、

時代によって受け入れられるもの、

受け入れにくいものがありますよね。


まあ、少なくてもその時代に、

ドンピシャっと!

マッチしたものが大ヒットするわけですから。



そのときの、その場の評価なんて

たいしたことはないのかも知れませんね。


芸術とは、

その時代に受け入れられないものでも

後世に残るものは沢山ありますからね。

実際に、オンエア当時打ち切り寸前だったものが、物凄く面白い(素晴らしい)ものもありますからね。

もちろん逆の場合もありますが。



つまり



私は、




私の観たいものを、

私の感性で感じて観ることにします。


・・・・・・・・・・・



昔は、

このドラマが面白い。

このドラマが面白くない。
 

という単純なものだったはずが~

いつの間にか

情報過多の世の中で

知らなくてもよい、業界の様子を語ったり


原作への評価(評論家のように)したり~


単純ではなくなってきてますね。


それが良いか悪いかは分かりませんが、

プロとアマの境界線を超えてしまっているような気もします。


#中村倫也