中村倫也company〜「2018年記事〜」

〜接点なきサポーター 〜f:id:airaingood:20210908204642p:plain
f:id:airaingood:20210908204658p:plain

「半分、青い」

が、絶賛放送中の時同時に複数の作品にも出ていた、一番忙しかった年でしょう。


*以下は記事を抜粋引用しました。
・・・・・・・・・・・・・・・

NHKで好評放送中の連続テレビ小説半分、青い。」。このドラマで、漫画家を目指して上京したヒロイン、楡野鈴愛(永野芽郁)の恋の相手として登場したのが、大学生の朝井正人だ。独特の“ゆるふわ”な雰囲気で女性たちを魅了。鈴愛も彼に恋をし、何度かデートを重ねて思いを打ち明けたものの、「そんなつもりじゃなかった」とあえなく失恋…。


半分、青い。」朝井正人役の中村倫也

 ふわっとした雰囲気で、捉えどころのない人物。身近にいそうな気もするが、本心が見えないだけに演じるのは難しい。そんなキャラクターを存在感たっぷりに演じるのが中村倫也。2005年公開の『七人の弔』でデビューして以来、数々の映画やテレビドラマで活躍してきた実力派だ。

 中村は正人役を演じる難しさについて、当サイトの「半分、青い。」出演者インタビューで次のように語っている。

 「やり過ぎると興味を引き付ける要素が減るし、やらな過ぎると、そもそも興味を持ってもらえないし…」

 だが、その芝居のうまさは、見ている視聴者が一番理解しているに違いない。

 とはいえ、その見事な演技も、俳優・中村倫也の一面に過ぎない。破産寸前の名門ホテルの従業員たちの奮闘を描いたコメディー「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系日曜午後10時半放送中)では、競艇狂いの副料理長、江口竜二に扮(ふん)して、より男っぽい芝居を披露している。

 新人パティシエの鳳来ハル(浜辺美波)にその座を奪われた元総料理長という役柄で、ふてくされながらも経験の少ないハルをサポートするキリッとした姿は、いかにも元総料理長といったたたずまいを見せる。浜辺とのテンポのいい掛け合いも見どころだ。

 そして、さらに振り切った役を演じているのが、現在公開中の『孤狼の血』だ。昭和63年の広島を舞台に、警察を巻き込んだやくざ同士の抗争を描いたこの作品で中村が演じたのは、下っ端やくざの永川恭二。

 初登場の場面から、敵対する組のやくざにけんかを売り、相手の耳をかみちぎるという凶暴さを発揮。目を血走らせた風貌と併せて、強烈な印象を残す。知らずに見たら、「半分、青い。」と『孤狼の血』の中村が、同じ俳優とは気付かない人もいるに違いない。

・・・・・・・・・・・・・・・

この頃に比べて今は、

作品本数は少ないが〜

それは主役級の

1番手、2番手、3番手、4番手

の中に入る配役のため、

一本に対しての出番が多くなっていることが、絞られた本数に、なっているのでしょう。

シビアなところで考えてみると〜

十代から二十代で売れて主役をバンバンこなしていても、ギャラはきっとそんなに高くないのでしょう。(新人扱い)


倫也さんの場合は三十代になってからバンバン、重要な役をこなしているので、ギャラも俳優としての年数と人気とで、悪くはないでしょう。(実力派)



とはいえ、倫也さんはギャラで仕事を決めている訳ではないようですね。

「美食探偵明智五郎」を受けるときは、

他にも複数のオファーがあったようですし、NHKもオファーがあったとか〜

さらに一本100万で受けたと言う情報も〜

主役としては、最低線の金額のように思いますが〜。




自分がやりたいと思うものをやる、そして全力で立ち向かう・・なのでしょうか。




中村倫也中村倫也中村倫也