中村倫也company〜「ステキな金縛り」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210407192050p:plain

f:id:airaingood:20210407191723p:plain

WOWOWシネマ

「ステキな金縛り」観ています。

凄い、役者さん達が沢山・・・

コメディの傑作です。


中村倫也さんにも


こんな映画に出演して欲しいです。


大真面目に、コメディ・・。
f:id:airaingood:20210407191809p:plain

倫也さん、

どなたの役をやってみたいてすか???


落ち武者??



でもコメディって難しいでしょうね。


いつか、

倫也さんが出演するこんな映画

観てみたいです。
f:id:airaingood:20210407191750p:plain
・・・・・・・・・・・・・・・

『ステキな金縛り』(ステキなかなしばり、Once in a Blue Moon)は、2011年10月29日に全国で公開された日本映画。三谷幸喜監督による、落武者幽霊と三流弁護士による法廷サスペンスコメディ・エンタテインメント・ムービー。主演は深津絵里西田敏行[2]。2011年10月19日にはニューヨークのアカデミーシアターでプレミア上映されている。

ステキな金縛り
Once in a Blue Moon
監督
三谷幸喜
脚本
三谷幸喜
製作
亀山千広
島谷能成
出演者
深津絵里
西田敏行
竹内結子
草彅剛
浅野忠信
阿部寛
中井貴一
音楽
荻野清子
撮影
山本英夫
編集
上野聡一
製作会社
フジテレビジョン
東宝
配給
東宝
公開
日本の旗 2011年10月29日
上映時間
142分
製作国
日本の旗 日本
言語
日本語
興行収入
42.8億円[1]
テンプレートを表示
キャッチコピーは「証人はただ一人、落ち武者の幽霊!?」。

ストーリー 編集
詳細
この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権を侵害しないようご自身の言葉で加筆を行なってください。
妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。矢部はエミに「証拠は私を犯人に仕立てるためのトリックで、その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」とアリバイを証言し無罪を主張する。ありえないアリバイであるために、エミは矢部が殺人を犯したのではないかと疑ったが、矢部が泊まった旅館に赴いた。エミは、矢部に一晩中またがっていた落ち武者・更科六兵衛に出会う。エミは六兵衛に、法廷で証言するように求めたが、六兵衛はまたがっていたことは認めるも、証言には乗り気ではなかった。しかし、「矢部五郎が本来は無罪であるのに裁かれようとしている」ということを聴き、自身の最期も背信行為をしたとして打ち首にされたことによるため、矢部に同情し、法廷で証言することにした。

しかし、六兵衛は特定の条件を満たす人にしか見えない。そこでエミは、六兵衛の息は誰でも感じることができることから、フエラムネの音を用いて証言に利用したり、砂鉄を使って六兵衛が実際に法廷内にいることを証明しようとした。

対する検事・小佐野徹は非科学的なことを嫌っており、「見えない」六兵衛を存在するものにさせようとする一連のエミの試みはトリックであり、法的に無効であると主張する。それに対し、エミは六兵衛の助けを借りて、小佐野も実際には六兵衛が見えているということを証明し、小佐野はその存在を認めた。幽霊が証言台に立つという前代未聞の裁判が始まることになった。

キャスト 編集
宝生エミ〔弁護士〕 - 深津絵里
三流弁護士[3]。
更科六兵衛〔証人、落武者の幽霊、後北条氏家臣〕 - 西田敏行
菅仁〔裁判長〕 - 小林隆
矢部五郎〔被告人、鈴子の夫〕 - KAN
矢部鈴子〔美術品バイヤー、風子の妹〕- 竹内結子
日野風子〔化粧品会社・社長、鈴子の姉〕 - 竹内結子一人二役
日野勉〔風子の夫、鈴子の愛人〕 - 山本耕史
木戸健一〔歴史学者、更科六兵衛の子孫〕 - 浅野忠信
阿倍つくつく〔陰陽師安倍晴明の友人の子孫〕 - 市村正親
宝生輝夫〔エミの亡き父〕 - 草彅剛
工藤万亀夫〔エミの恋人、役者〕 - 木下隆行 (TKO)
段田譲治〔向こうの世界から来た男、管理局公安〕 - 小日向文世
日村たまる〔法廷画家〕 - 山本亘
旅館「しかばね荘」の女将・猪瀬絹 - 戸田恵子
旅館「しかばね荘」の主人・猪瀬潤 - 浅野和之
占部薫〔タクシー運転手〕 - 生瀬勝久
伊勢谷〔トラック運転手〕 - 梶原善
野島〔スモーク係〕[4] - 阿南健治
一宮浄純〔心霊研究家〕 - 近藤芳正
村田大樹〔まだ売れていない役者〕[4] - 佐藤浩市
前田くま〔ファミレスの店員〕 - 深田恭子
悲鳴の女〔コールガール〕[5] - 篠原涼子
ドクター - 唐沢寿明
ラブ - ナナ(声:山寺宏一
漆原森太郎〔傍聴マニア〕 - 相島一之
ナース - 西原亜希
染地〔被告人〕 - 榎木兵衛
飯田基祐
村上光一
望月章男
内倉憲二
土屋良太
川井つと
花井京乃助
山崎満
増田義之
崎山凛
滝澤路子
迫田孝也
原金太郎
江良陽彩
猫田直
バルビー
河原健二
滝沢恵
野元学二
松坂哲生
生野陽子(フジテレビアナウンサー)
小池琥太朗
猪野学
裁判官(左側) - 中村靖日
小林ユウキチ
廣川三憲
バルニー
山田キヌヲ
岡部尚
三谷早苗
浅川稚広
阿礼賢正
弁護士〔勝訴を持つ男、名前は羽柴大輔[6]〕 - 大泉洋(※エンドロールのみ出演。詳細は以下に記述)
速水悠〔弁護士〕 - 阿部寛
小佐野徹〔検事〕 - 中井貴一

中村倫也中村倫也中村倫也