中村倫也company〜「月曜くんの名言」

〜接点なきサポーター 〜
f:id:airaingood:20210404095947p:plain

おはよう御座います。


今日は。


「水曜日が消えた」を流しながらの

朝の作業!



そこで、

後半場面の


月曜くんの名言集



月曜くんのお陰で


7人の
新しい僕たちが

こうして生きている・・・・


月曜くんの決断と貢献度に

敬意を持って・・・・

f:id:airaingood:20210404100126p:plain

名言集



①ありがとう!

好きだったんだね。

火曜日の僕が・・・・・






*7人で生きる。

それまで、月曜くんは一人になることを考えて、いたはず!!

しかし、7人で生きることを決断する。

それがこの名言に・・・なりました。



その証拠に

その後の

あ〜

やっぱり、そのカップ返してくれない!

後でうるさいからさ〜

一人のつもりなら、出てこない言葉ですね。








②慣れねー事するもんじゃ、ねーな。




*自分ではあるけど、自分ではない。

それぞれはそれぞれであって、

自分が、交われるものでもないし

勝手に奪う権利もない・・・のかもしれない。

と気付く場面でしょうか。








③患者の希望です。

あ〜いや・・・

被害者一同かな・・・


これが今、

俺が一番正しいと思うことです。




*新木先生は、

自分達のことを、

患者というよりも

研究対象?モルモット?

としか思っていないだろう



僕のそれぞれの人格も

生きている生身の人間だ!

人間として見ていない新木先生に

一投を投じた言葉だと思う。


そしてその後の


これが今俺が・・・

は、安藤先生(どこかで父親のように慕っていたのかもしれない)への

これまでの感謝と愛情を持って

伝えたかった決断なのだろう。



・・・・・勝手に解釈しつつ

楽しんで観ています。


愛してやまない一生の宝物
「水曜日が消えた」


中村倫也中村倫也中村倫也