中村倫也company〜「自分の記録として文字起こししました。後編」

〜接点なきサポーター 〜

後編〜

f:id:airaingood:20210126222931p:plain

アナウンサー☆

岩合光昭監督◇

中村倫也さん○

f:id:airaingood:20210126222948p:plain

☆水中撮影もされましたよね。


◇はい!

あの〜 水に入らなくて、

カメラだけ入って

○ふふふふ

◇小さなカメラを入れると、

こう入れる・・電波が届かなく

なってしまうので見当で、

こっち来るなって事で撮影しないと

いけないので、その感みたいなのが

もう少し右! もう少し右、右、右

みたいなところで猫に

お願いしたんですけど、
f:id:airaingood:20210126223008p:plain

○ハハハハ

◇当然泳いでいるんで

聞こえる訳がない。・・でもホント

水が透明で美しいんですよ。

湖のインディコ 

自分も暑い時は水に、

入りたいんでしょうね。

猫の感覚がわかるんですね。

その時〜

あ〜水に入りたいんだな・・

そう言う〜気持ちってとても大切で、

撮影するときも、

猫の感覚にあたかもなったかの

ようにカメラを回していたような

気がします。

○う〜ん

f:id:airaingood:20210126223025p:plain
☆ちょっと思ったんですけど、

動物と仲良くなる時ってその〜

ナチュラルって大事なのかなって

思ってたんですけど、

そう考えると中村倫也さんて、

動物と仲よくなれる

タイプじゃないですか。


○まぁ〜割とそうだと思います。

ん〜。

☆なんか声のトーンからそう

思いますよね。
f:id:airaingood:20210126223041p:plain

◇そうですね。

猫が喜ぶタイプだな・・ハハハ

f:id:airaingood:20210126223101p:plain
○ハハハ〜

そうなんだ。

子供もすぐ

寝かし付けられるかも

知れないですね〜

将来はそう言う〜ビジネスを

しようと思って・・

f:id:airaingood:20210126223117p:plain
◇ハハハ〜

☆ハハハ〜何か

乗っからなきゃいけない(笑)
f:id:airaingood:20210126223136p:plain

○ハハハ〜

嫌な人間〜って言われるだろうね。

猫に・・・。


☆あ〜  ちょっと

ちなみに、中村倫也さんに

聞いてみようと思うんですけど、

その〜まぁ

犬派  猫派って

いるじゃないですか。

自分のキャラが〜
f:id:airaingood:20210126223214p:plain

○あ〜キャラ・・

時分が〜  ですか。


☆はい! 

自分的にはどうなんですか。
f:id:airaingood:20210126223231p:plain

○あ〜

多分、両方あるんですよ。

それが〜

自分が二十歳位に思ったんですけど・

すごいね〜こう・・

裏・表じゃ無いですけど・・

2面・・物事、2極に分けたときに

両方の極端があるんですよね。

多分、

猫、犬に限らずでも、

そうなんですけど・・

猫・犬で言っても

猫みたいに気まぐれだったり

ちょっとわがままだったり・・

追いかけると逃げる見たいな〜

とこも、ありながら


犬みたいに、こう〜

サービス精神旺盛な所も

あったりして〜よく知っている

友達とか、仲間とか家族とか、

それぞれ聞いても

猫派って言う人もいるし、

犬派って言う人もいると思うんです。

だから〜

キツネ派ですかね。

間を取って〜!
f:id:airaingood:20210126223255p:plain

☆それが、

人々の心をくすぐるって事ですね。


○キツネ〜  ル〜ルルル〜

って言われたら はせ参ずる感じ

でおおくり

していけばなあ〜って・・。

☆ハハハ〜

岩合監督はどうですか?

ご自分を動物に例えるとしたら〜

f:id:airaingood:20210126223327p:plain

◇あの〜 

動物になることは出来ないんで・・

なんか、あるじゃないですか。

自分が例えばって、ハハハ〜

そりゃ〜無理だよねって、

何時も思う。

動物を見ていると、

消してそれは彼らに成れないし、

それが人との違いというので、

ハッキリと表さなきゃいけないし〜

あ〜 

その野生動物自然の中の世界って

言うのは、

やっぱり触れてはならないと

思うんで、野生動物に対しては

僕は絶対に触れない。

あ〜、これは


なんか原稿書いてて・・・

チータのこと書いたんです。

アフリカのチータ

赤ちゃんがこう

ト厶ソンガゼルを食べて・・

真っすぐに僕に向かって

僕の膝のうえに乗っかかりはじめて〜



僕〜

書いたんですけど、

あんまり言えないですけど、

でもこう〜

それを触れることはできないなあ〜。

お母さんもそこにいるんですけど、

じーっと見ているんですよ〜。

○ん〜

◇でも〜 あの時間って

一体、何か起きたのかな?!って

思ったんですけど、

でもその一方で

猫だとか犬は、

本当にこちらから語りかけることが

出来て

彼らも人の言葉を理解、

ある程度はできると思うんで、

そこはもう野生動物と

全然違うところでなんですけど、

猫も僕は、あの〜この映画でも

ひょっとしたら喜怒哀楽まで

映ることができたんじゃ無いかな〜

○ん〜

◇と言う思いがありますね。

それが〜達することが出来たら

素晴らしいことだって、

何時も挑戦をしているんですよ。

まだまだだと、思いますよね。

f:id:airaingood:20210126223354p:plain

○でも、

もし岩合さんがアニメになったら、

海ガメだと思います。

☆ハハハ〜

◇ハハハ〜海ガメですか?!

○なんか、こう〜

ゆったりとした

包容力のあるイメージなんです。

海ガメのキャラ。


◇僕はこう、

動物に例えられたのは

初めてです。

これは一生わすれない・・・・
f:id:airaingood:20210126223428p:plain

○ハハハ〜 アニメですよ〜。


☆ハハハ〜

でも、世界を旅する海ガメですよね。

○確かに〜

f:id:airaingood:20210126223445p:plain
◇じゃあ今度はナレーションの

仕事が来たら、海ガメを・・、

仰せつかります。 

○ハハハ〜

包容力があります。


〜後編〜

中村倫也中村倫也中村倫也