中村倫也company〜「素敵な、しーちゃん」

〜接点なきサポーター 〜
f:id:airaingood:20201208164907p:plain

f:id:airaingood:20201208165004p:plain
人数の町で共演、また再び〜

ですね。

とても素敵なカップルです。

お話はどう進むのか??

はともあれ、お似合いですね。

とても素敵な方ですね。

マイペースなところもいいですね。

誰にも告げず、

ふらっと旅行に

行っちゃいそうですね。

f:id:airaingood:20201208164632p:plain

石橋静河
 『この恋あたためますか』(TBS系・毎週火曜22:00〜)に出演している石橋静河(26)だ。彼女が演じる北川里保は物語の舞台となるコンビニ本社“ココエブリィ”の商品部スイーツ課に勤務する“デキる女”にして社長の浅羽拓実(中村倫也)の元カノでもある。

 森七菜演じる主人公・井上樹木はコンビニスイーツの開発を通じて浅羽社長に恋心を抱く。要は里保は“恋敵”という訳だ。だが、普通恋のライバルというと少しは“イヤなオンナ”の一面を覗かせるものだが、里保はそういう部分が微塵もない。逆に途中入社してきた樹木を気遣ったり、リスペクトしたりとまさに“いいお姉さん的存在”であり、同時に憧れのキャリアウーマンといったところだ。

 ただ、そうはいってもただのいい人というわけでもない。自分に実力がないことで落ち込んだり、逆に樹木の才能に嫉妬したりと人間くさい一面も。里保はちょうど20代後半くらいの年齢で、新人と呼ばれる年齢をとっくに過ぎ、先輩と後輩の狭間で揺れながら自分らしい生き方を模索していく女性でもある。そんな悩み多き年ごろで、必死に前に向かって一生懸命に生きる女性を石橋静河は見事に体現してくれているのだ。

 つまり里保は、やはりパッと見、清楚でキレイで真面目な雰囲気が漂っている石橋だからこそ、ハマったともいえる。そして、そこはかとなく“和”のイメージもあり、ちょっとだけ“幸薄い感”があるあたりもピッタリだった。

 今年の4月末から6月頭にかけてFODなどで配信されたドラマ『東京ラブストーリー』に出演していたことも忘れてはならない。

 本作は鈴木保奈美織田裕二の主演でフジテレビ系の“月9”ドラマとして91年1月クールで放送され、最高視聴率32.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した恋愛ドラマの金字塔的作品である。その配信ドラマとして29年ぶりにリメイクされた作品で、石橋は鈴木保奈美の演じたヒロイン・赤名リカ役に抜擢され、自分の気持ちに正直に生きる、天真爛漫で自由奔放な都会の女性を実にカッコよく演じていた。今後はクールで頼れるキレイなお姉さん役としてドラマに欠かせない存在になっていくと思われる。

 ちなみに彼女は俳優の石橋凌と女優の原田美枝子夫妻の次女でもあり、実は“サラブレッド”なのだが、決して“親の七光り”で生き残ってきたワケではないという意味でも、今後ますます注目していきたい女優である。


#祝倫也&静河♡#中村倫也石橋静河