中村倫也company〜「ニュースインタビュー」

〜接点なきサポーター 〜

仲良しなお二人ですね。

インタビューも楽しそうです。

お二人のお話を読んでいると、

ネズミとカエルそれぞれのキャラが

御本人達に共通点が多いようです。

f:id:airaingood:20210520203902p:plain
以下は記事引用です。


中村倫也山田裕貴が映画「100日間生きたワニ」で声の共演 「倫也さんみたいな人に近くにいてほしいです!」
インタビュー
2021/5/19
Twitterで連載された「100日後に死ぬワニ」が原作の映画「100日間生きたワニ」より、ワニの親友・ネズミ役の中村倫也、映画オリジナルキャラクター・カエル役の山田裕貴が登場。

── お二方はそれぞれネズミとカエルの声を吹き込みましたが、両キャラクターに対してどんな印象を抱いているのでしょう?

中村 「別の取材でも使ったフレーズを再活用しますけど(笑)、ネズミって山登りをする時に一番後ろにいるタイプですよね。全体を見ながら…ふざける時はふざけて、締める時は締める。ただ、気遣い屋なんだろうなとも思っていて。カエルは一見ウザいんですけど(笑)、ネズミがどこまで気付いていたかは別として、距離感やテンションが周りと違う人って、些細なことだとしても何かしら理由があるわけじゃないですか。前日に盛大にスベったから、逆に今日は元気いっぱい── みたいな感じで。そういうちょっとしたことがカエルにはあるんじゃないかな、という印象です。ちなみに、僕自身も山登りで後ろにいるタイプだって、17~18歳の頃に言われたことがあって。最近思うのは、いろいろなことに気付いたり、周りが見えてしまったりすることのない人間に、来世は生まれ変わりたいですね。考えなくていいことまで考えちゃうので…(笑)」

・・・・・・・・・・・・・・・

詳しくはこちらで

https://tv.yahoo.co.jp/news/detail/tvguide-0f1bb45a91113a99af9b5b807b817172

中村倫也#100ワニ#中村倫也