中村倫也company〜「今度は・・ねずみさん」

〜接点なきサポーター 〜

え〜声優さんですか。

アラジン〜ねずみさん

以下は記事引用です。

f:id:airaingood:20210217065101p:plain

きくちゆうきの4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が、『100日間生きたワニ』のタイトルでアニメーション映画化され、5月28日より全国公開されることが決定。公開まで残り100日となる2月17日に発表された。
f:id:airaingood:20210217065117p:plain


 『100日後に死ぬワニ』は、2019年12月12日から2020年3月20日まで、きくちのツイッターで毎日投稿された4コマ漫画。「100日後に死ぬ」設定のワニの日常が社会現象を起こし、最終話では国内ツイッター最多の214万「いいね」を記録、エンゲージメントは2億を超えた。本作では、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿を描く。

 監督・脚本は、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎と、アニメーション監督としても活躍するふくだみゆき夫妻。新型コロナウイルスの流行に直面し、大幅な脚本の書き直しを行い「今見て欲しい」物語を作り上げた。

 声優キャストは、主人公・ワニの声を神木隆之介が担当するほか、ワニの親友のネズミ役で中村倫也モグラ役で木村昴が出演。また、ワニが恋するセンパイ役は新木優子に決まった。

 スタッフには『宇宙戦艦ヤマト』などを手掛けてきたアニメーターの湖川友謙がコンテ・アニメーションディレクトとして参加するほか、音楽を亀田誠治が担当。いきものがかりが書き下ろし主題歌を手掛ける。

 映画公開情報の解禁を記念し、きくちの描き下ろしイラストも公開。ワニ、ネズミ、モグラが映画を撮影する姿が描かれている。

 ワニ役の神木は「元々、原作はSNSで見ていたので、とても嬉しかったですし、中村倫也くんとまたご一緒できるのが楽しみで仕方ありません。この作品を通して、"今、この瞬間"という大事さを伝えられたらいいなと思っております!!」とコメント。


f:id:airaingood:20210217064958p:plain
 ネズミ役の中村は「正直に話しますと、オファーをいただいた時『流行ったからって映画化してぇ~』と勘ぐってしまいました。しかし映画版オリジナルの展開やそこに込めた想い、また改めて原作に触れた時に、これは意義のある作品になると強く感じると同時に、自分の先入観を反省しました」としている。


f:id:airaingood:20210217065018p:plain

 上田監督は「制作が始まった矢先、コロナ禍となり世界は一変しました。それに伴って脚本を大きく書き直しました。タイトルも『100日間生きたワニ』へと変更しました。時代を越える普遍的な物語でありながら、今しか創れなかった、今観て欲しい映画にもなると思っています」と話す。

 アニメ映画『100日間生きたワニ』は、5月28日より全国公開。


中村倫也中村倫也中村倫也