中村倫也Company〜「まだ語りたい『石子と羽男』」

〜 接点なきサポーター 〜

 

*涙も中村倫也さんは自由自在なのは驚きます。

『狐晴明九尾狩』の終盤、利風のことを思い涙目になる場面、毎回それは訪れる場面です。

『石子と羽男』では、父と初めて話が出来る場面です。

本当の羽男を父が目の当たりにするした法定での後でした。

 

羽男がやっと父の呪縛から開放された瞬間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

telling.asahi.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・