中村倫也company〜「アラジンの記事です。」

〜接点なきサポーター 〜

物凄い興行成績ですね。

ハッピーエンドは幸せな気分にさせてくれます。
今宵は夢の国へ〜

行ってきます。
f:id:airaingood:20210521163635p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は記事抜粋引用しました。


中村はNHK連続テレビ小説半分、青い。』や映画『孤狼の血』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)などで大きくブレイクを果たしたタイミング。もともと舞台経験が豊富な彼はオーディションでアラジン役をつかみ、見せ場の「ホール・ニュー・ワールド」などで美しくも伸びやかな歌声を披露しているほか、決めゼリフ「僕を信じて」などで、ハリがありつつも甘さをたたえた声の演技で魅了。通常の会話→歌唱シーンをシームレスにつないでいくグラデーションの上手さは、フィールドや役の大小・濃淡に関わらずどんな人物(なんなら人以外も)も演じ切ってきた中村の演技経験の豊かさとその中で培ってきたスキルが、ダイレクトに活かされたところであろう。

 木下と共に公開年のNHK紅白歌合戦にも特別出演し、本作を経てさらに俳優としてステップアップした中村。日本公開時から2年が経った今では、押しも押されもせぬトップスターのひとりだが、『100日間生きたワニ』での声優起用や、菅田将暉との楽曲「サンキュー神様」の制作なども、『アラジン』での活躍が導いた部分はあるのかもしれない。そうした意味で、今回のテレビ放送のタイミングで中村の演技を観ると、また違った見え方にもなってくるだろう。なお、9・10月には、約5年ぶりの劇団☆新感線参加となる主演舞台『狐晴明九尾狩』も控えており、さらにパワーアップした歌声を響かせてくれそうだ。

 字幕版だけでなく、吹替版も強力――。ざっと考えただけでも、ヒットする要素に満ちた作品といえるが、歌唱シーンの多さもひとつの特長といえそうだ。中村や山寺、木下が歌う吹替版も捨てがたいが、グラミー賞アーティストでもあるウィル・スミスのパフォーマンスも見逃せない。公開時には、字幕&吹き替えのダブル観賞をした観客も多かったと聞く。確かに、物語は一緒であっても、歌の部分は全く別。新鮮な気持ちで両方を楽しめるだろう。

 こうして見ていくと、改めて『アラジン』のコンテンツとしての隙のなさが際立ってくるが、ストーリーや演出面、仕掛けにおいても様々な趣向を凝らしてあり、「いまの映画」にアップデートした部分が興味深い。ここからは、具体的な内容に踏み込んで本作の面白さを考えてゆこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・
詳しくはこちらからどうぞ
https://lin.ee/aneW1yK?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none

・・・・・・・・・・・・・・・・
合わせてこちらもどうぞ
f:id:airaingood:20210521165106p:plain


https://natalie.mu/eiga/news/429009




・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもどうぞ。
f:id:airaingood:20210521165446p:plain


https://m.crank-in.net/news/89800/1


・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらもどうぞ。
f:id:airaingood:20210521165726p:plain
https://www.oricon.co.jp/news/2193982/full/

・・・・・・・・・・・・・・・・・
f:id:airaingood:20210521170042p:plain

https://s.cinemacafe.net/article/2021/05/21/72917.amp.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・
中村倫也中村倫也アラジン#中村倫也