中村倫也company〜「めぐる〜」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210504161847p:plain


「THEやんごとなき雑談」

を読んでいると、

クスッと笑ってしまったり、

知らない内に

涙が溢れてきたり〜


折々で

感動したり、

共感したり〜


今回紹介されていた「めぐる」は、

丁度昨年の今頃




そう〜先日


今日から暦の上では初夏です・・・


と聞いたような〜。


今年もまた


自粛中の私ですが・・








特に〜「めぐる」の

訳のわからない涙が・・・


そこに、

みょうに

共感していました。


通常の日常とは思えない中で

季節はいつも通り巡り行く〜

いつの間にかこんな季節・・・

置いて行きぼりになっている自分を

昨年は痛感していました。


そして〜


今年もまた・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・
以下は「めぐる」からの抜粋です。


コンビニで飲み物を買い店を出ると、目の前を若いカップルが歩いていた。手を繋いで、時に顔を見合わせながら、弾むような足取りで歩く初々しい後ろ姿。付き合いたてだろうか。それとも久しぶりに会うのだろうか。溢れ出している笑顔が可愛らしい。その幸せ以外のなにものでもない光景を眺めていたら、いつの間にか僕の目に、涙が溜まっていた。「え、なんで、うそ、おれ、泣くの?」。自分でも意味がわからない。下を向いて動揺していたら、カップルはいなくなっていた。この感情はなんだろう。家に着くまでずっと理由を探りながら歩いた。別に人恋しいわけでもない、悲しいことを思い出したわけでもない。じゃあなんで涙が出る? 考える、考える。「ほっとしたのか……?」。どうやら僕は、安心したらしい。風を感じ、花を眺め、無垢な笑顔に触れたことで、零れ出す何かがあった。自分が思っていた以上に、自分を追い込んでいたらしい。僕と関係なく四季はめぐる。愛は芽生える。去年と今年の五月は違うけど、今年と来年の五月も違う。大丈夫だと、立ち上がるついでに夏が、僕の荷物を持ってくれた気がした。マンションのオートロックの前でこっそりマスクをずらし、大きく息を吸い込んだ。生きるものの匂いがした。



中村倫也中村倫也#THEやんごとなき雑談