中村倫也company~「あらためて見ると凄い事です。」

~ 接点なきサポーター ~

*稽古始めで本読み?読み合わせ?というのでしょうか。

 

その様子を観て、「宮沢賢治の題材はやっぱり方言なのね。」と思いました。

 

・・・が、ですが~

 

舞台稽古初日ですよね。

 

東京生まれの中村倫也さんが、東北弁でスラスラ読み合わせしてますよ。

 

ということは・・・

 

『ルードヴィヒ~』でガンガン叫んでいた中村さんが、舞台が終わると、東北弁習得の勉強していたということ??でしょうか。

普段生活の中で

つい、方言が出たりしないのでしょうか。

 

方言監修の先生についていたのでしょうか。

 

一言で東北弁と言っても、地方によっても違いますからね。監修の先生も大変でしょうね。

 

それにしても1日目で普通に方言は凄いです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

airaingood.hatenadiary.com

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・