中村倫也Company〜「未だにしっくりこないのは〜」

〜 接点なきサポーター 〜

 

大きなお世話な話かもしれませんし、ファンの方から威圧的だと避難されるかもしれないのですが、どうしても納得できないことがあります。

 

 

それは『ハケンアニメ!』です。

 

映画化が発表になった時、

 

早速本を読みました。

 

 

すると、全体に渡って登場していたのが、『王子千晴』でした。

 

そのキュラクターはとても魅力的で、直ぐに『王子千晴』のファンになりました。

 

 

中村さんも原作は読んだようですね。

 

 

オファーは、『水曜日が消えた』の撮影の頃だったようですね。

 

もしかしたら、一番にオファーだったのかもと思うくらいです。

 

 

そして、本を読む限りの主人公は、『王子千晴』であると疑いようがありません。

 

 

しかし映画は、新人監督の方でした。

 

 

吉野監督にお話が来たときには、すでに内容は決まっていたようですが〜。

 

 

先ずはなぜ新人監督が主人公なのか?

 

 

吉野監督が書いていたら、『王子千晴』が主人公だったのかもと思われるようなコメントがありました。

 

それが

 

『こんな演出もありなのかも』

 

その吉野監督の一言が、自分の演出とは違う・・・

 

ということだと思いました。

 

 

 

中村さんは、

 

「原作に比べて限られた出番なのでそこでやるしかない!」

みたいなことを仰っていました。

 

 

 

ここで思ったのは、吉野監督も、中村さんも『王子千春』が主人公・・の方向???

だったのかもしれません。

 

 

『王子千晴』の出番がだいぶ削られたぶん、

 

吉岡さんと柄本さんのバディ中心になってしまった・・・

 

 

吉岡さんと中村さんのハズが・・・

 

逆転してしまったのだと思います。

 

 

あれでは、二番手が柄本さんで、3番手が中村さんの構図ではないかと思うくらいです。

 

 

 

実際!

 

 

助演男優賞は柄本さんでした。

 

 

柄本さんは大好きな俳優さんですし、演技も素晴らしいと思います。

 

ただ、個人的には

 

ハケンアニメ!』は

 

『王子千晴』が主人公で観たかったです。

 

 

ぐたぐたと書いてしまいました。

 

業界のことなど何も分からずに書いていますから、大きな誤解があるのかも知れません。その点は根拠のない勝手な持論ですのでお許しください。