中村倫也Company〜「『ルートヴィヒ〜』身体能力の凄さ」

〜 接点なきサポーター 〜

思い起こすこと1年前の『狐晴明九尾狩』でも身体能力の高さは認知済みなのですが、その中でも凄いと思ったのは、最後の殺陣で九尾の狐を切りそのまましゃがんだ状態でコマのように回って型ポーズ!!

 

これがメチャクチャかっこいいです。

 

それを、メチャクチャ褒められていましたね。

 

 

 

さてさて今回『ルートヴィヒ〜』の劇中場面で、勝手に選んだ

『身体能力ベスト1』

 

*ピアノ飛び乗り〜ピアノ飛び降り

 

これはもう凄いです。

 

何が凄いかって、終盤の場面・・

 

カールへの愛がカールにとっては憎しみに〜

歓喜の歌』へと〜

 

この辺の流れは舞台を観ていただくことで〜

 

 

その場面・・『歓喜の歌』が生まれるエネルギーの爆発とでも表現しましょうか。

 

 

ピアノ飛び乗るのですが〜

 

飛んだ瞬間、立膝のポーズが出来ています。

 

すぐに飛び降り走りまた飛び乗る。

 

 

台詞を叫びながらスピーディーに!!!

終盤ということは、フィギュアスケートで、終盤に凄い技をもってくるようなものですね。?

 

 

とにかく、驚きの身体能力〜ですね。

 

 


www.youtube.com