中村倫也company~「ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』多彩な声色を始め・・」

~ 接点なきサポーター ~

今日、心に残っているのは


第三景

晴明の屋敷。庭にいる晴明。

悪兵太がタオを連れてきます。



タオ
あなたが晴明?


晴明
ええ。


タオ
・・でもこの人、人間ですよね。


・・・・中略・・・


晴明
確かに僕はただの人間です。
※少し声の音程が高い。(彼の普通の声の高さ)

・・・・・



晴明
ですよね。でも、その噂は僕が流しました。
※少し音程が高い。(彼の普通の声の高さ)

・・・・・・・


晴明
人は自分よりもあまりにも優れた能力を持つ者を見ると嫉妬する。

それならむしろ異形の者だと思われた方がいい。

異形の者なら、人は自分とは違うと最初から相手にしなくなる。仕事をするには、余計な他人の思惑はない方がいい。

※音程が一段階低くなっている。



・・・・・・・・・・・・・・・・

舞台での中村さんは、
声色は何段階もあって、それを場面毎に使いこなしています。


文章だけだと分かり難いのですが、舞台を観ていると、ありありと、感じ取れます。




○合わせて表情も一瞬にして変わる、そんな場面は何カ所もあります。


○何より驚くのはまばたきのコントロールです。


最後の半眼の場面、台詞が終わるまで

瞬きしません。・・・・




それは本当にすごいです。



#中村倫也#狐晴明九尾狩