中村倫也Company〜「こぐれ修さんのインスタグラムを読みながら〜」

〜接点なきサポーター 〜

こぐれ修さんのインスタグラムを

読みながら、やっと気づきました。


私は何故、最近心が沈んでいたのか・・




日本アカデミー賞』でした。




菅田将暉さん、松坂桃李さんが

受賞・・・しかも菅田将暉さんは3年連続受賞。

  

それなのに・・・

我が座長は・・・・







もちろん主演俳優、助演男優の

素晴らしい演技、技術、・・は当然ですが



作品との出会いが一番ではないかと思いますよね。


話題性のある作品

原作が有名な作品

有名な監督


バックボーン・・・資金面(予算)


などなど・・・



これまで、我が座長の



主演映画は、新人監督や若手と言われる監督・・・それが悪いわけではないのですが


お金をかけたPRと上映館の圧倒的な数

それだけで、もうリスクが大有りすぎます。


新人監督だと2桁の上映館数、

それに比べて堂々の3桁上映館数ですと

絶対値が天と地ほどかも知れませんね。


それでは、

どうしたらそんなアカデミー賞

ノミネートされる映画の

主演または助演になれるのでしょう。




・・・・今日、You Tubeでカツベン?「水曜日が消えた」の監督のインタビュー動画を観ました。


主役、キャスト、を決めるのは、監督だけなのかと思っていたのですが!実はディレクターのほうが俳優を知っていて、この主役なら〇〇しかいませんね〜みたいな事もあるようなのです。

だとすれば、やはり主役もしくは相手役などで、先ずは目立つことアピールすることが必要なのでしょうか。


一方で考えられるのは、与えられた役を魅力ある役にする力があればいつかは、目に止まって起用される。・・ということでしょうか。

我が座長はまさしく


どんな役でも魅力的に演じています。

もしかして、その方法は見つけてもらうまで、時間がものすごくかかるのでしょうか。


二十歳前後で、戦隊モノ、変身モノを周りの同年代は経験してきたのに、

我が座長は、今ですから〜


だとすると、『日本アカデミー賞』ももう少し年数がかかるのでしょうか。


「倫也はそのままでいい。」

と仰った、社長の言葉・・・




そのままでいい!


我が座長は

絶対!!!


絶対!!!

受賞します。


何で落ち込んでいるのか、自分でもわからなかったのですが、

アカデミー賞』の

受賞のことだったなんて、

自分でも驚いています。


・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

中村倫也#こぐれ修インスタグラム#中村倫也