中村倫也company〜「THEやんごとなき雑談〜私の好きな場面」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210509093728p:plain

「THEやんごとなき雑談」は、

予約して、

発売日翌日一冊目がやっと届いた。

待ち焦がれていた私は

一気に、読み上げてしまった。

ケラケラ笑ったり、ニヤリ・・・としたり

涙で文字が読めなかったり。


オムニバスを多いに楽しませてもらった。


その中で、気に入った文面は沢山あるが、


一つずつ、書いてみようかな〜と

・・・・

実はずーっと頭のどこかに住んでしまっている文面がある。


それは、

インパクト??ではなく

情緒

人間臭い

何でもない、ことがたまらなく

ジーンと

きたのだろうか。

それとも・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下「THEやんごとなき雑談」からの抜粋引用です。



・・・・・現在住んでいる部屋は、

一階、ワンルーム、オートロックなし、

窓を開けテラスに出ると目の前が

人通りの多い商店街、という

築十五年の物件。

「貴様それでも芸能人か!?」

と突っ込まれそうな住環境だが、

駅まで徒歩五分で、肉屋も八百屋も

ペットショップも近くにあるので

個人的には不満はなかったし、

それに商店街が近所の保育園の

お散歩コースらしく、

よく晴れた平日の午前中には、

お揃いの帽子を被った子どもたちが

列になって僕の部屋のテラスの柵を

ばんばんばんばん叩きながら

歩いていて、その無邪気な

騒音に癒やされたものだ。

・・・・・・・・・



今も、文章を本から転記しながら

涙が後から後から流れ落ちる。


どうしたのだろう〜


と思うほど・・・・


この文章には

何が隠されているのだろう??


私は何に反応して泣いているのだろう??



・・・ふと


商店街の賑わいや、

子どもたちの元気な声や、

空気感まで伝わってくる・・・

ああ〜

なんていい場所何だ

駅近で・・・・

自分の好きなペットショップも、

日々の買い物も・・・

子供達の元気な声も・・



街に密着した暮らしを


彼から取り上げてしまったのは


プライバシーまで追いかける報道や、

心無い熱狂的なファンの行動・・


こうして、

彼の情報を日々探している

私もその一人なのだろうか。

実際、記事を読んだことがある。

プレイクしてもなお、

オートロックなし、家賃8万円のマンションに住んでいる。・・・

みたいな記事だと思う。

消して、バッシングの記事ではなく

むしろ彼の派手ではない暮らしを

人間性を見た・・的な事だったと思う。

しかし、それは何であれ

プライバシーの侵害だろう。


私の


あの涙は、

彼から普通の生活を取り上げた

・・・・罪悪感だったのだろうか??




中村倫也#THEやんごとなき雑談#中村倫也