中村倫也company〜「バリスタの段取り」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210409221319p:plain

「珈琲いかがでしょう」


青山一・・・の中村倫也さん。


役者さんは、

台詞が一番大事で

所作、仕草はそれなりに

それらしく見えれば良い〜

普通、そうですよね。


なので、

作業もやっているように

見えてやってない〜のが

普通でしょうね。



例えば、


同作の


垣根さんの

お客様への手紙を書いているシーン


あれは

実際には3文字しか書いていないとか〜

書いているように見えれば

よいわけてすからね。




ところが・・・です。

f:id:airaingood:20210409221401p:plain


青山一さんの珈琲の淹れ方。


ちゃんと順番に、

台詞を言いながらも

段取りを進めている〜

これは・・・・すごいと思いました。



珈琲を淹れる流れがしっかりと

繋がっています。

f:id:airaingood:20210409221441p:plain


年末から毎日本当に淹れていたことで

自然に作業の流れが

出来ているのですね。


所作が本当にきれいです。


落ち着いているので、

こちらもゆったりとして

観ていられます。



①後ろの棚から豆を選ぶ

②豆をステンレスのカップに入れる

カップの豆をコーヒーミルに移す

④フィルターをセットしたドリッパーに珈琲の粉を入れる

⑤ドリッパーを手で軽く叩いて空気を抜く

⑥一湯目 円を描くように一定いに入れ

豆が膨らむのを確認


⑦30秒位置いてニ湯目〜 真ん中に・・


・・・・

⑧お客様用のカップに注ぐ
最後を少量残す

⑨ドリッパーから使用済みの珈琲が入ったフィルターをとって捨てる

フィルター入れを片付ける

⑩ドリッパーをケトルのお湯で洗い流す


*この一連の所作が美しい


中村倫也中村倫也中村倫也