中村倫也company〜「毎回涙が溢れてしまいます。」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20210220172943p:plain

f:id:airaingood:20210220174448p:plain

二人のインタビューにありました。

本当に毎回、

あの回想シーンは、素敵で大好きなのに、

後半のどうしようもない悲しさ・・



求めていない方向に行ってしまう二人が、

切なくて、悲しくて、

誰よりもわかり合える二人のはずなのに

どうしても傷つけあってしまう

深いところの闇は、

二人をすれ違いさせてしまう。



以下は二人のインタビューです。


・・・・・・・・・・・・・・


一緒にいて楽だったバディ

――回想では、2人の気持ちがすれ違ってしまうシーンもありました。互いの芝居を重ねて感じたことはありましたか?

中村:あのシーンはボタンのかけ違いのひとつであり、それが現代までの分岐でもあって、2人にとって良かったのか悪かったのかわからないな、と思いながら演じていました。もしかしたら、そこで傷が浅くすんで良かったのかもしれないし。でも、2人の中にあった時間として、急に火花がスパークする瞬間だったのではないかと思いました。

北川:私も非常に寂しい気持ちになりました。デートシーンの撮影も重ね、由紀にとって心を開いて声を出して笑い合える人に出会ったのが初めてだったのかな、と思って。こんなに一緒にいて楽しい人はいないし、迦葉も他の人に見せない笑顔を見せてくれていたんじゃないかなと思います。2人は本能的に息が合っていて、一緒にいるとすごく楽しい間柄で、「相棒ができた」みたいな気持ちだったのに、男性と女性になった時に、ちょっとしたことで崩れてしまうのはすごく切ない。由紀の涙も、口に出していた気持ち以外に、大事な形が壊れてしまったことへの涙だったのかなと思いました。演じてみると、迦葉が壁を殴って去って行く音が悲しくて、「明日からは元の私たちじゃないんだ」という気持ちがありました。なかなか、兄弟のような親友のような人って出会えないじゃないですか。そういう大切な何かを失ってしまったという悲しさがありました。



中村倫也中村倫也中村倫也