中村倫也company〜「二人のアドリブ」

〜接点なきサポーター 〜

恋あた〜アドリブ

f:id:airaingood:20201215181506p:plain

撮影が始まってからは、2人のアドリブに驚いたそうで、「想像を超えたやりとりでとても面白い」と感嘆。「森さんは、よくそんなセリフを思いつくなというアドリブを出すんです。アドリブといっても普通はなんとなく想定できますが、想定の斜め上のようなアドリブを出してくる。しかも、おふざけではなく、ちゃんとキャラクターとして成立している。それに遅れることなく返す中村さんも素晴らしいなと思っています」

f:id:airaingood:20201215181548p:plain

そして、「台本上で用意した設定や出来事以上の、台本を超えたやりとりが面白い。脚本家と台本を作っている身としてはとても刺激的で、そこが見たくなってくるんです。監督もそれを楽しんでいるところがあります」と明かし、「アドリブがキャラクターを超えたらダメですが、キャラクターを超えない範囲であれば面白いものは取り入れたいと思っています」と付け加えた。

f:id:airaingood:20201215181604p:plain

f:id:airaingood:20201215181622p:plain

f:id:airaingood:20201215181643p:plain

中井氏は、中村がゴン役を演じた『凪のお暇』のプロデュースも。「中村さんは今まで(直球の)ラブストーリーをやったことがないと聞いたので、ぜひお願いしたいなと。また、スーツを着た社長役を見てみたいという思いもありました」と中村の起用理由を説明する。

組み合わせも新鮮さを求め、森と中村が初共演であることをまず確認。また、中井氏はいつもキャスティングにおいて「声」を大事にしているそうで、「お二人とも素敵な声。想像を掻き立てる声で、お二人のやりとりを見てみたいと思いました」と、声も起用理由の一つに。

中村倫也#恋あた#恋あたアドリブ