中村倫也company〜「角度を変えて・・見えてくるストーリー3」

〜接点なきサポーター 〜

f:id:airaingood:20201119155807p:plain

実際のストーリーに当てはめていきます。

①1話

ココエブリィ上目黒店に浅羽が来る。

キキを連れ出す。(スィーツ店に〜)


○紺のスーツ
仕事上のコミュニケーション、
公の場、広告塔、広げる

○青のネクタイ
コミュニケーション


この場面は、キキとの仕事上のコミニュケーションを取るための場面ですね。




○黒のスーツ
最強、ビジネスモード、決断、宣伝、変化、行動

○青のネクタイ
コミュニケーション


・キキを新谷に紹介 
ここで、浅羽のプロジェクトをどうしても成功させたいと言う強い意志の実現を信頼する新谷に委ねる場面


・一岡に「課長職を解任します」

一岡を者室付けにすることで、
浅場自身の改革を目の当たりにさせ、ある意味、参謀的な位置付けに。




○茶のスーツ

ルーツ、根底、基本、地盤、コア


○茶、ベージュ、グレーのネクタイ

自分の本音、素の部分、ベース



・社長室で一人  

ソファに仰向けになる場面

ストレスを抱えている素の部分。


・シュークリームの試作に、
もう一度持ってこい!
と突き返す。
浅羽の改革の本気の部分が垣間見える。




○グリーンのスーツ

本音、心情、ナチュラルな面

○赤茶ネクタイ

抵抗、反発、ストレス


・浅羽は、エクサゾンの都築部長に呼び出される。
一見
叱咤激励のようだが、いじめを受けている感じである。

浅羽は非常に悔しい思いと、反発心を持ちそれが原動力となる場面。



・澤木にイヤミを言われる。

嫌悪感と反発心があらわになる。


・ココエブリィ本社

完成したシュークリームの試食

新谷と社長室

結果が全てだ!と持論を語る。

新谷の言葉、頑張ることが大きな一歩の人も・・  に心が、動く。



・ココエブリィ

キキ&浅羽

シュークリームを素直に評価して、相合い傘で送る。

素直な本音の浅羽。



○黒のスーツ

最強、ビジネスモード、決断、宣言、変化、行動


○青、白のネクタイ

コミュニケーション、広告塔、率直な部分


・役員会議、辞表を提出

大きな決断をするが、それは、終わりではなくつなげるため!
つまり、周りとのつながりをしっかり固めるコミュニケーションである。



・・・・・・・・・・・・・

以上が1話の

黒のスーツ&紫のネクタイ

以外の服装である。


これをコーディネートしている人はすごい!!です。

2話以降もシリーズで

やっていきます。

お楽しみに!!!


中村倫也#恋あた#浅羽社長#恋あた#中村倫也中村倫也