中村倫也company〜「雑誌記事〜記録として・・」

〜接点なきサポーター 〜
何か
キャンペーン始まっているのですか??
の回答がここにありました。

最近は、TVで初めての

サッカーのプレーも・・

思いっきりの変顔、

振り切ってモノマネ

分かりづらい

痛いジョークまで・・

自分の、性格について

こんな面倒くさいの嫌ですよね。

疲れますよ

僕も嫌です・・・



f:id:airaingood:20201029083151p:plain



中村倫也が考える“カッコいい男”とは?「カッコ良さは生きざまにこそ宿る」
“カッコいい男”には表と裏があるもの。今をときめく演技派俳優、中村倫也さんはどうでしょう。艶っぽいスーツをさらりと着こなし、大人の色気も漂う彼。この記事では、中村さんの”カッコいい”価値観を深堀りします。

人気俳優が次に挑むのは、スーツが似合うクールな男もはや"二面性"だけでは語れない、変幻自在な役者。それが中村倫也という存在。NHK連続テレビ小説半分、青い。」の”ゆるふわの大学生”から、ドラマ「凪のお暇」の"メンヘラ製造男"、また最新主演映画『人数の町』の周囲に流されがちな青年まで、まるで異なる役柄にもかかわらず、それぞれに真実味を持って演じてきました。

f:id:airaingood:20201029083708p:plain

ジャケット¥155,000、シャツ¥59,000、パンツ¥60,000/すべてニール バレット(ニール バレット ギンザ シックス)その他/スタイリスト私物
そんな実力派俳優が次に挑むのが、エリートビジネスマン。新ドラマ「この恋あたためますか」では、輝かしい経歴を経て社長となった若き青年を演じます。ビシッと決めたスーツが似合う、勝ち組街道まっしぐらの男性。
「わかりづらい優しさを持つ男だと思います。野心にあふれ、高い目標を掲げているけど、青臭さを残し、角が取れぬまま転がっていく。それが成功を収めたり、人間関係でつまずいたりなどのドラマを生んでいきます。時に彼の複雑な心模様、いわゆる”わかりづらい優しさ”がにじみ出るので、その側面をベースに演じていきたいです」

表層的なものより、その奥のカッコ良さに憧れるそんな中村さんが考える“カッコいい男”とは?「カッコ悪いところを見せられる男、じゃないでしょうか。今まで出会ってきたカッコいい先輩方、なかでも『将来こうなりたい』と感じる人々には、どこかちょっと"抜け"や"ダサさ"のようなものがありました。でもいざ仕事となると、それが味わいや個性となって評判を呼ぶ。
でも本人はそのことに悩んでいたり、僕のような若手にその姿を見せる隙や寛大さまで備えていたりする。そんな姿にずっと憧れてきたし、心底カッコいいと思って生きてきたんです」

「自分に厳しく、他人に優しい。これがその先輩方に共通していたことかもしれません。嘘を誠にするのがこの仕事とするならば、少しずつ他人の嘘に敏感になるのもこの仕事の特徴。
表層的なものより内面的なものに目が行くし、見た目や振る舞いよりその奥にあるカッコ良さを知りたい、極めたいと思うようになります。外見が美しいこと、装いが洗練されていることはもちろん素晴らしい。けれども僕は、カッコ良さは生きざまにこそ宿ると考えるようになった。さまざまな横顔を見せてくれた先輩方に心から感謝しています」


f:id:airaingood:20201029083725p:plain

#真のかっこいい男中村倫也
中村倫也中村倫也中村倫也中村倫也中村倫也中村倫也